2016年

6月

19日

もも前をスッキリさせる方法

正しく脚を使うための筋肉

こんにちは。

 

賢くキレイを創るパーソナルトレーニングスタジオ

RefineBodyの長谷川です。

 

これから夏本番を迎えるにあたり、太もも周りを何とかしたい!!

という方はたくさんいらっしゃると思います。

 

今回はそんな方にお勧めなお話です。

 

 

基本的にボディラインの崩れは、日頃の体の使い方によって

引き起こされることがほとんどです。

 

ですので、体の使い方が変われば必然的にそう言った崩れも

なくなっていきます。

 

 

脚をキレイに動かす時に大事になってくるのが

 

「腸腰筋」

 

という筋肉です。

 

 

 

特に「大腰筋」の部分が重要となります。

 

場所としてはみぞおちとおへその間位から筋肉が始まって

太ももの骨の付け根あたりにくっついています。

 

 

また、もも前の筋肉は「大腿四頭筋」と言いますが、

そのうちの一つに「大腿直筋」という筋肉があります。

 

 

この大腿直筋だけ他3つの筋肉より長く

股関節をまたぎ骨盤までくっついています。

 

 

腸腰筋も大腿直筋も「股関節屈曲」(ももを持ち上げる動き)

という動きに関わってきます。

 

この事を知らないとどうしても大腿直筋をたくさん使って

しまいやすくなります。

 

なので、その屈曲を主にどこの筋肉で行っているかで

動きや見た目が変わってきます。

 

 

イメージして動いてみましょう

【ニーリフト】

①まっすぐ仰向けに寝た状態になります。

 

②息を吐きながらお腹に力を入れ、片脚を持ち上げます。

 (骨盤や胴体が動かないように注意します)

 

③息を吸いながら片脚を降ろし、反対も同じように繰り返します。

 (降ろす時も脚以外は動かさない)

 

☆常に太ももの前は脱力した状態で動かします。

☆上げ下げはゆっくりとコントロールする。

☆動作中はコアの意識をキープし、背筋を伸ばしたまま行う。

 

 

実際に腸腰筋の動きを感じるのは難しいのでお腹に力を感じながら

脚がフワッと浮いてくるイメージです。

よく「お腹から脚が生えているように」と表現したりもします。

 

動きはすごくシンプルですが、正しく動きができてくると

脚が軽く感じたり、スッキリしてきます。

 

 

感覚がつかめない方は一度体験レッスンにお越し下さい(^^)/

 

 

 

よく一緒に見られているページ

 

◼︎ 体験レッスンのご案内

◼︎ RefineBody料金システム

◼︎ RefineBodyスタッフ紹介

◼︎ 当スタジオが選ばれる3つの理由

◼︎ ピラティス指導者養成コース

◼︎ 不安を解消するQ&A

 

体験レッスンのお申込み

 

下記、お問合せフォーム又はお電話にてお申込み下さい。

 

✉️お問い合わせフォーム

 

☎︎011-215-0071

 (セッション中はお電話に出られません) 

 

【体験レッスン料金】

 

◎お一人様の場合 60分5,400円

◎お二人様の場合 60分6,480円

 

【体験レッスンに必要なもの】

 

①動きやすい服装(ジャージ・スウェット)

②運動靴(マスターストレッチ体験をご希望の方)

③お飲物・タオル

ご予約可能時間

 火曜日〜金曜日 10時〜22時

   土曜日   10時〜21時

   日曜日   10時〜19時

 

  年末年始、お盆、月曜休館

ピラティススタジオ
北海道初のBESJ認定スタジオ

アクセス

〒060-0062 

北海道札幌市中央区南2条西12丁目

324-2中村福粧堂ビル3F

 

脚の不自由なお客様

エレベーターがございます

 

お車でお越しのお客様

近くのコインパーキングをご利用下さい

 

交通アクセス

地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分

市電中央区役所前下車   徒歩2分