2016年

5月

22日

キレイに下半身を使う

下半身の使い方を習った事はありますか?

こんにちは。

 

賢くキレイを創るパーソナルトレーニングスタジオ

RefineBodyの長谷川です。

 

本日は正しい下半身の使い方についてです。

 

下半身を言い換えれば「あし」ですね。

細かくすると「脚(レッグ)」「足(フット)」と使い分けたりしますが

「脚」の方です。

 

 

人間は二足歩行の動物ですので脚をうまく使い歩きます。

…と、当たり前の事を言ってみました(^^;

 

ですが、当たり前にしている「立つ・歩く」は誰かに教えてもらった訳ではなく

記憶にも残っていないような赤ちゃんの頃に勝手にできるようになっていましたよね??

ビデオなどの記録には残っているかもしれませんが(笑)

 

それから正しい下半身の使い方をトレーニングしていなければ

その時に身につけた動きのまま生活や運動をしてく事になります。

 

それで何も不具合がないのであれば全く問題がないのですが

そうはいかない事が多々ありますよね。

 

膝や股関節が痛い

太ももやふくらはぎばかり太くなる

お尻が下がってくる

「あし」が疲れやすい・つりやすい

 

大体は運動不足による筋力の低下や日常の不良姿勢による影響が大きいです。

 

また一度悪い癖が身についてしまうと、そのままほっておいても

良くならない事がほとんどです。

 

 

体(下半身)の動きをチェックしてみましょう

上の写真は

【ヒップエスカレーター】

というピレティスのムーブメントです。(呼び方は色々あります)

 

今回は細かい事は抜きにして、まずは動いてみましょう。

 

 

お尻を持ち上げた時にどこが一番効いているか(疲れるか)確認してみて下さい。

 

①お尻

②もも裏

③もも前

④ふくらはぎ

 

何番でしたか??

 

理想的な場所としては①ですね。

 

②は△で、③④を使いすぎてしまう方は下半身で不具合が

起きる確率が非常に高いです。

 

 

この動きを行ってみるだけでも普段ご自分がどのように

下半身を使っているかが感じれると思います。

 

もちろんこの動きだけで全てが分かる訳ではないですが一つの指標となります。

まず大事なのはこの感じる事ですね。

 

自分自身がどのように動く癖を持っているか知っているのと

知らないのではだいぶ差があります。

 

腕のトレーニングで脚が鍛えられないのと一緒で

脚をキレイに使うためのトレーニングを

間違った動きや力の入れ方をしていても

思うような効果は出ないでしょう。

 

まずは、正しく動かせる体が基本です。

 

また、このムーブメントでは上記したような下半身だけではなく

腰を使ってしまったり、肩首に力が入ってしまうなどの上半身周り

での癖を感じる事も出来ます。

 

ピラティスはこのような自分自身を感じながら動く事を

大事にしながら行っていくので、体の変化も感じ取りやすくなって

いけるのが利点ですね。

 

ご自分の体の癖を知りたい方は是非お問い合わせ下さい(^^)/

 

 

 

よく一緒に見られているページ

 

◼︎ 体験レッスンのご案内

◼︎ RefineBody料金システム

◼︎ RefineBodyスタッフ紹介

◼︎ 当スタジオが選ばれる3つの理由

◼︎ ピラティス指導者養成コース

◼︎ 不安を解消するQ&A

 

体験レッスンのお申込み

 

下記、お問合せフォーム又はお電話にてお申込み下さい。

 

✉️お問い合わせフォーム

 

☎︎011-215-0071

 (セッション中はお電話に出られません) 

 

【体験レッスン料金】

 

◎お一人様の場合 60分5,400円

◎お二人様の場合 60分6,480円

 

【体験レッスンに必要なもの】

 

①動きやすい服装(ジャージ・スウェット)

②運動靴(マスターストレッチ体験をご希望の方)

③お飲物・タオル

ご予約可能時間

 火曜日〜金曜日 10時〜22時

   土曜日   10時〜21時

   日曜日   10時〜19時

 

  年末年始、お盆、月曜休館

ピラティススタジオ
北海道初のBESJ認定スタジオ

アクセス

〒060-0062 

北海道札幌市中央区南2条西12丁目

324-2中村福粧堂ビル3F

 

脚の不自由なお客様

エレベーターがございます

 

お車でお越しのお客様

近くのコインパーキングをご利用下さい

 

交通アクセス

地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分

市電中央区役所前下車   徒歩2分