2016年

4月

02日

デスクワークのデメリット①お尻が垂れる

賢くキレイを創るピラティススタジオ、RefineBodyです。

 

今日のテーマは「デスクワークで眠ったお尻を目覚めさせる」ということ

 

赤丸で囲ったところをご覧ください

ここには、「股関節」がありますね

 

立っているときは真直ぐな股関節ですが、

座っているときは常に曲がってしまっていますね

 

当然ながら

 

股関節を曲げる筋肉があり

股関節を伸ばし筋肉があります

 

股関節を曲げる筋肉=もものつけ根、ももの前、内ももの一部(簡略的に書いています)

股関節を伸ばす筋肉=お尻、ももの裏

 

となります。

 

座っている姿勢を解剖学的に分析をすると

 

股関節を曲げる足のつけ根は常に縮こまり

股関節を伸ばす筋肉(お尻)は常に伸ばされている状態なんですね

 

さらには、座っているとお尻はずっと潰れた状態ですよね

 

水を含んだスポンジも

ずっと押しつぶされいると、水分が抜け、ペチャンコになってしまいます・・

 

これが「現代を活きる方々のお尻」という訳です

 

からだには相反抑制という働きが良く起こるのですが、

 

例えば、腹筋と背筋は表裏の関係にあるため

 

背筋が過度に緊張し、カチカチに硬まっている場合

腹筋が縮みにくい(力が入りにくい)という状態になります


上記の姿勢で考えると

 

股関節の前側(もものつけ根)は縮こまっているため

股関節の後ろ側(お尻)は力が入りにくくなっているということになります

 

股関節の前が硬くなっているため

「お尻」に力が入らない状態でウォーキングをしても

スポーツクラブでお尻のトレーニングと紹介された種目をしても

 

お尻に力が入りにくい訳ですから

代償動作が起こってしまいます

 

長時間座ったあとは、

お尻をほぐし、血流を上げ、もものつけ根の柔軟性を上げてお尻にきゅっと力を入れる

 

こんな形のストレッチがとってもおススメですね♪

(立って行うことも出来ます)

 

左の股関節を伸ばした状態で、左のお尻にきゅっと力を入れて、左のもものつけねを伸ばす。

デスクワーカーでお尻を引き締めたい方に取り組んで頂きたい第1歩です!

 

まだ、他にもポイントがありますし、

そこから、もう少し強度を上げたエクササイズをしていくことが

「小尻」になるためには必要なので、

しっかり習いたい方は、ぜひ、RefineBodyにお越し下さいね!

パーソナルトレーナーがわかりやすく、優しくレクチャー致します(^^)

 

専門家と共に、賢くからだを創りましょう。

 

 

よく一緒に見られているページ

 

◼︎ 体験レッスンのご案内

◼︎ RefineBody料金システム

◼︎ RefineBodyスタッフ紹介

◼︎ 当スタジオが選ばれる3つの理由

◼︎ ピラティス指導者養成コース

◼︎ 不安を解消するQ&A

 

体験レッスンのお申込み

 

下記、お問合せフォーム又はお電話にてお申込み下さい。

 

✉️お問い合わせフォーム

 

☎︎011-215-0071

 (セッション中はお電話に出られません) 

 

【体験レッスン料金】

 

◎お一人様の場合 60分5,400円

◎お二人様の場合 60分6,480円

 

【体験レッスンに必要なもの】

 

①動きやすい服装(ジャージ・スウェット)

②運動靴(マスターストレッチ体験をご希望の方)

③お飲物・タオル

 

ご予約可能時間

 火曜日〜金曜日 10時〜22時

   土曜日   10時〜21時

   日曜日   10時〜19時

 

  年末年始、お盆、月曜休館

ピラティススタジオ
北海道初のBESJ認定スタジオ

アクセス

〒060-0062 

北海道札幌市中央区南2条西12丁目

324-2中村福粧堂ビル3F

 

脚の不自由なお客様

エレベーターがございます

 

お車でお越しのお客様

近くのコインパーキングをご利用下さい

 

交通アクセス

地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分

市電中央区役所前下車   徒歩2分