2016年

3月

06日

脚をほっそりさせたい皆様へ①

こんばんは。

 

「姿勢と動かし方の観点」から、

あなたの脚をすっきりさせるスタジオRefineBodyです❗️

 

お尻を引き締めたい、

脚を細くさせたい、

股関節痛や膝痛を改善したい

 

そのようなお悩みを持つ方が、習う運動の多くに、

上記のようなエクササイズがあります。

 

ヒップアブダクションと呼ばれることが多いのですが・・

 

ポイントしては、

腹圧を高める(骨盤を正しい位置にする)

マウスハウスをつくる(詳しくは省略します)

必要ならば股関節を中間位(伸展屈曲のない状態)にする

場合によっては膝を曲げて行う(大腿筋膜張筋を抑制するため)

出来れば股関節外旋を意識する

 

そして、

 

何よりも中殿筋をしっかり使う。

 

と、いうことがあります。

 

 

最初にご紹介した、写真の動きは「股関節の外転」という動きですが、

 

中殿筋、大腿筋膜張筋、縫工筋、大殿筋・・

というように、

 

お尻の運動」と紹介されることが多いにも関わらず、

 

お尻以外の筋肉を使って運動出来ちゃうのです。。

 

話が複雑になってしまうので、

「中殿筋」と「大腿筋膜張筋」に絞ってお話させて頂きますね。

 

中殿筋はお尻ですが、大腿筋膜張筋は外ももです。

 

同じ動きでも、

 

お尻を使う人、外ももを使う人がケースがあります。

 

大腿筋膜張筋は、

使われる頻度が高く、カチカチになっている人、

その結果、膝痛や股関節痛の原因になっている人、

 

つまり、O脚や膝下のねじれ、外ももや前ももの張りにつながってきます。

 

もちろん、大腿筋膜張筋を沢山使っている人は、

お尻の筋肉が上手く使えていないので、お尻はたるみます。

 

そのような人が、雑誌に載っていた、病院や誰かに教えて貰ったからと、

「お尻を使わない股関節外転運動(写真の動き)」をしたら、どうなるでしょうか??

 

運動そのものが、悩みを悪化させる原因になります。悲しいですけど。

 

使っている場所を意識しなかったり、

ただ、形だけ真似をした運動を行っても、このようなことが多く起こります。

 

そんな現状を、沢山目にしてきたからこそ、

「正しい姿勢」と「理想の動き」を一人でも多くの方に伝えたいと心から想います。

 

正しい運動を通して、一人でも多くの人がHappyになる日を願って・・

次回は、効率よくお尻を使うためのヒントをご紹介させて頂きますね!

 

 

◆体験レッスンのお申込み

 

 料金 5,400円(60分間)

(内容:姿勢・動きの評価から改善エクササイズまで)

 

 お問合せフォーム又はお電話にてお申込み下さい。

 ・お問い合わせフォーム

  (↑クリックするとジャンプします)

 ・011-215-0071

  (セッション中などお電話に出られない場合がございます)   

 

札幌、ピラティス、パーソナルトレーニング体験

ご予約可能時間

 火曜日〜金曜日 10時〜22時

   土曜日   10時〜21時

   日曜日   10時〜19時

 

  年末年始、お盆、月曜休館

ピラティススタジオ
北海道初のBESJ認定スタジオ

アクセス

〒060-0062 

北海道札幌市中央区南2条西12丁目

324-2中村福粧堂ビル3F

 

脚の不自由なお客様

エレベーターがございます

 

お車でお越しのお客様

近くのコインパーキングをご利用下さい

 

交通アクセス

地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分

市電中央区役所前下車   徒歩2分